• ホーム
  • 水疱瘡とヘルペスは無関係ではない

水疱瘡とヘルペスは無関係ではない

悩んでいる男性

水疱瘡とヘルペスは別の病気だと思われている方も多いのですが、どちらもヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされますので、無関係ではありません。

ただし、ヘルペスウイルスには色々な種類があるため、水疱瘡とヘルペスは違う種類のヘルペスです。
水疱瘡は、一度発症すると二度と再発をすることはありませんが、水疱瘡は完治した後も、実はウイルスは体内に潜んでいます。
そのため、大人になってから帯状疱疹という病気にかかる可能性があります。

単純ヘルペスウイルスが原因で起こる口唇ヘルペスは唇や口の周りに、チクチクとした痛みやかゆみなどが出る病気で、赤く腫れた後に水膨れが出来、中からウイルスを含んだ液が出ます。
この液が周囲の皮膚につくと感染し広がってしまうので注意しましょう。
感染は自分だけでなく人にも感染する可能性がありますので、早めに病院で治療薬を飲んで治していかなければなりません。

水疱瘡の場合は、一度発症したら再び発症することはありませんが、口唇ヘルペスは何度でも再発します。
疲れている時や不摂生をしている時などは、体の免疫力が低下するため、口唇ヘルペスが再発しやすくなります。

どちらもウイルスの増殖の仕方が同じなので、治療は抗ウイルス剤を使って治していきます。
口唇ヘルペスは抗ヘルペスウイルス剤の内服や軟膏を塗布して治していき、水疱瘡は抗ヘルペスウイルスの内服が基本です。
水疱瘡が重症の時は抗ヘルペスウィルス剤を点滴し治療をおこなっていきます。

抗ヘルペスウィルス剤は成人で感染したのでなければ、重度な合併症にはなりませんが、一方、妊娠中や出産間際に水疱瘡にかかった場合は、産道感染やまれに経胎盤感染する危険がありますので注意が必要です。

分娩直後に水疱瘡に感染した場合は周産期水痘や新生児水痘が高い確率でなる危険があります。
こうした産道感染などの危険性を回避するためには、妊娠前に水疱瘡のワクチン接種を受けることで、赤ちゃんへの感染を回避することが出来るでしょう。

帯状疱疹も関係性がある事も考えられる

子供の頃に水疱瘡になった方が、大人になって同じような水疱瘡の症状が現れた場合、帯状疱疹という病気になっている可能性があります。
帯状疱疹の原因は、体の免疫力が低下してしまったことや、加齢や疲労が蓄積してしまったことが原因で起こります。
どの年代でも帯状疱疹になる可能性はありますが、免疫力や体力が落ちてくる50歳以上の発症が増えてきていますので、出来るだけ規則正しい生活をすることが大切でしょう。

帯状疱疹になってしまう人は、子供の頃、水疱瘡にかかった方です。
水疱瘡ウイルスはヘルペスウイルス科に属しているウイルスです。
水疱瘡が完治した後も神経節にウイルスが残っているため、免疫力が低下した時に発症しやすくなります。
水疱瘡がだいたい1週間で完治するのに対し、帯状疱疹はだいたい3週間から1か月も長引くことがあるので、発症すると厄介な病気だと言えるでしょう。

帯状疱疹の症状が出たら、出来るだけ早めに病院で診てもらう必要があります。
早めに抗ウイルス薬を飲むことで、水膨れの痕が残らずに済みます。
痛みの症状がある場合は鎮痛剤を服用することによって痛みを緩和することが出来るでしょう。
最初はヘルペスと似たチクチクとした痛みが出てきて、赤い発疹や水膨れが出てきます。
最後は瘡蓋になり、きれいに治っていき、痛みもなくなります。

ちなみに帯状疱疹を発症している人は年間60万人を超えており、80歳までに三分の一の人が発症するというデーターがあります。
帯状疱疹はほかの人に感染するリスクは低いのですが、水膨れの中にはウイルスが含まれているため、これまで水疱瘡にかかったことがない人が接触すると、感染するリスクもありますので、水膨れが完全に治るまでは、赤ちゃんや幼児、妊婦には近づかない方がよいでしょう。

関連記事
クラビットが効くクラミジアとは 2019年11月30日

クラミジアとは、数ある性感染症の中でも最も感染者数が多い疾病です。日本の感染者数は約100万人にも上ると言われていて、10代後半の女性の10人に3人がクラミジアに感染しているといわれています。若い世代の患者の数が急増傾向にあり、問題視されているのです。クラミジアの原因菌は、「クラミジア・トラコマチス...

トリコモナスはおりものをみればわかる 2019年10月21日

トリコモナスはトリコモナス原虫という微生物が性交によって感染し、トリコモナス膣炎になってしまう病気です。潜伏期間が10日前後ぐらいで、おりものの色が黄色や黄緑色になり、泡立った状態になっているのが特徴です。また膣にかゆみや痛みなどの症状が出てきたり、腫れや爛れ、排尿時に痛みを感じたり、排尿回数が増え...

淋病は検査でわかるのか? 2019年09月24日

特に男性が罹患した際に、尿道に激痛と膿を生じるのが淋病です。女性の場合は子宮頸管炎を起こすこともありますが、感染しても無症状なこともあるので、知らずに性交渉によって男性に感染させるケースも考えられます。淋病に感染したと思い当たる場合には自然治癒は期待せず、病院で診察を受けるのが好ましいです。まず淋病...

ゾビラックスでヘルペスは改善可能 2019年08月29日

ヘルペスは性感染症のひとつであり、性行為をした時に皮膚や粘膜の接触があることでウイルスが体内に入ると感染を引き起こす病気です。ヘルペスにはいくつかの種類があり、唇に症状が出る口唇ヘルペスと性器周辺に症状が出る性器ヘルペスがあります。このふたつはヘルペスウイルスの中でも、細かく分けると違う種類のウイル...

カンジダは性器だけに限らない 2019年08月01日

カンジダに感染するのは性器だけではなく、口の中に感染することもあります。またカンジダは性行為で感染すると考えることもありますが、実はカンジダは性行為に関係なく発症し、性器が痒くて夜も眠れない、疲れるとおりものが濃くなったり、性行為をしていないのに性病のような症状があるという場合には、カンジダに感染し...