• ホーム
  • ゾビラックスでヘルペスは改善可能

ゾビラックスでヘルペスは改善可能

ヘルペスは性感染症のひとつであり、性行為をした時に皮膚や粘膜の接触があることでウイルスが体内に入ると感染を引き起こす病気です。
ヘルペスにはいくつかの種類があり、唇に症状が出る口唇ヘルペスと性器周辺に症状が出る性器ヘルペスがあります。
このふたつはヘルペスウイルスの中でも、細かく分けると違う種類のウイルスが原因となって起こりますが、最近ではオーラルセックスなどにより、性器ヘルペスのウイルスで、口唇ヘルペスになる事例も増えているようです。

どちらの型のウイルスが感染源だとしても、治療の方法は変わりません。
ヘルペスに効き目のある抗ヘルペス薬を服用して、体の中で増殖しているウイルスの数がこれ以上増えないようにします。
重要なことは抗ヘルペス薬には、ウイルスを死滅させる働きはないということです。
この薬は増殖を抑えるということが主な役割です。
一度数が増えてしまうと、それを減らすことはできません。

そのため、ヘルペスウイルスが増殖をして、症状が強く出ている時に使用するよりも、症状が軽いうちに服用するほうが、効果を最大限に発揮できます。
もちろん症状がはっきりと出ている状態でも効果はありますが、そこまで病状が進んでしまうと薬による治療の成果が出しにくい状態だと言えるからです。

抗ヘルペスウイルス薬のひとつにゾビラックスがあります。
ゾビラックスは抗ヘルペス薬の中でも古くからあるタイプの薬で、今までに世界中で多くの人が使用してきています。
ゾビラックスは口唇ヘルペスの場合にも性器ヘルペスの場合にも使うことができる薬です。

さらに、同じヘルペスウイルスの仲間で発症をする、水痘や帯状疱疹の治療でも使われる薬です。
そのため、水痘にかかった小さな子どもや帯状疱疹を発症した高齢者まで、幅広い年代の人に処方されています。
ゾビラックスは副作用もでにくく、価格も安いというところがメリットです。
しかし、服用回数が多く、1日に5回の服用が必要となります。

ゾビラックスは治療薬で改善出来る

ゾビラックスはこのようにヘルペスウイルスが原因で起こる病気全般に使える、使用範囲の広い薬です。
ヘルペスを発症した時に、ゾビラックスを使って治療を行いたいと思ったら、まず病院を受診して医師の診察を受ける必要があります。
そこでヘルペスの診断が出た場合には、医師が処方箋を書きゾビラックスの処方が行われます。

この手順以外では、ゾビラックスを手に入れることは難しく、ドラッグストアなどで気軽に購入することはできません。
ゾビラックスは日本国内では医師の処方箋がなくては販売できないことになっているからです。
しかし、海外ではゾビラックスがドラッグストアで購入できるところもあります。
そういった外国の薬を買うことができれば、病院に行かなくてもゾビラックスが手に入ります。

外国の薬は自分が使う分だけであれば、購入をしても違法にはなりません。
この時に他の人に譲渡したりすることは禁止されているので、十分に注意をしておきましょう。
海外で販売されているゾビラックスを購入するためには、個人輸入代行をしている通販サイトを利用すると簡単に購入できます。

個人輸入代行の通販サイトはいくつかありますが、きちんと正規品を販売しているところを選べば安心でしょう。
また日本で処方してもらうよりもゾビラックスは通販で買うと安いというメリットもあります。
診察代や処方代がかからず、薬だけの価格になるので割安です。
それ以外にも、多めに購入しておくと、1錠あたりの価格がお得になる商品もあります。

ヘルペスは再発をする可能性がある病気なので、多めに購入をしておけば次に再発をした時も、すぐに投薬治療が開始できます。
通販サイトを利用して薬の購入を行う時には、そういったことまで考えてお得に利用しましょう。

関連記事
水疱瘡とヘルペスは無関係ではない 2019年08月19日

水疱瘡とヘルペスは別の病気だと思われている方も多いのですが、どちらもヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされますので、無関係ではありません。ただし、ヘルペスウイルスには色々な種類があるため、水疱瘡とヘルペスは違う種類のヘルペスです。水疱瘡は、一度発症すると二度と再発をすることはありませんが...

カンジダは性器だけに限らない 2019年08月01日

カンジダに感染するのは性器だけではなく、口の中に感染することもあります。またカンジダは性行為で感染すると考えることもありますが、実はカンジダは性行為に関係なく発症し、性器が痒くて夜も眠れない、疲れるとおりものが濃くなったり、性行為をしていないのに性病のような症状があるという場合には、カンジダに感染し...

性病は種類によって治療薬が異なる 2019年07月15日

性病と一括りにしても実際には原因が様々なため必要な治療薬も症状によって異なります。性病の中で有名なものであり、性交経験のある若者10人~15人に1人は感染しているともいわれる病気は性器クラミジア感染症です。主に性器から膿のような分泌物がでたり、尿道炎がおきます。日本で最も多い性病のひとつでジスロマッ...

性病は種類によっては自然治癒する事もある 2019年06月30日

性病は性交渉があれば、男女ともに誰でもなる可能性があります。性病が感染してしまうのは、膣性交、肛門性交、オーラルセックスなどによるものです。あらかじめパートナーが決まっていれば、誰にうつされたのか特定しやすく、治療も一緒に受けやすいのですが、不特定多数の相手がいる場合は、誰にうつされたのかさえもわか...