• ホーム
  • カンジダは性器だけに限らない

カンジダは性器だけに限らない

考えている男性

カンジダに感染するのは性器だけではなく、口の中に感染することもあります。
またカンジダは性行為で感染すると考えることもありますが、実はカンジダは性行為に関係なく発症し、性器が痒くて夜も眠れない、疲れるとおりものが濃くなったり、性行為をしていないのに性病のような症状があるという場合には、カンジダに感染した事を疑う事が大切です。

カンジダは女性に多く発症している印象の強い病気で、女性の5人に1人が発症すると言われている疾患で、性器に発症するケースが多いため、性病と思われていますが性行為に関係なく発症する場合もあります。

原因はカンジダ菌で、この菌は体の中に常に存在している菌です。
カンジダ菌が異常増殖をすることで性器周辺に炎症や痒みなどの症状があらわれます。
発症する場合は、体の免疫力が低下している時です。
一度発症すると再発することも多く、再発するきっかけは疲れやストレスなど様々な原因があります。
また生活習慣の乱れによって再発することもあり、発症した場合には生活習慣など原因を見直さないと再発する可能性は高いです。

カンジダに発症した場合には、自然治癒することもありますが悪化する場合もあるため、発症に気づいたら早めに病院を受診し治療します。
軽度の場合には気づかない事もあり、性行為でうつしてしまう可能性もあり、症状が性器周辺に発症するため恥ずかしさから受診を躊躇してしまうケースもあります。
悪化すると慢性化したり、排尿障害のリスクなどもあるため、早めに治療をすることが良い選択です。
早く治すには、患部を清潔にし蒸れないようにします。
蒸れは症状を悪化させることにつながるため、通気性の良い下着をつける事も大切です。
病院の治療は薬の塗布や膣洗浄などを行い、再発しないようにしっかりと治療します。
治療薬には軟膏、クリーム、錠剤など様々な形態があり、症状が軽い場合には外用薬で治ることもありますが、重症の場合には錠剤を併用することもあります。

口の中も関係することもある

性器周辺に症状がある場合には、性器カンジダ症や膣カンジダなどと言われています。
口の中に症状があらわれた場合には口腔カンジダと言います。
口の中が感染することもあります。
カンジダ菌は口腔内の常在菌でもり、普段はある程度以上増えずにカンジダ菌は他の菌と共存しています。
しかし、副腎皮質のステロイド剤を服用したり、糖尿病、全身衰弱などで免疫力が低下したり、唾液の量が減ったり、長期間にわたり抗生物質の服用などで微生物のバランスが崩れることで、カンジダ菌が異常に繁殖して発症します。
口の中の頂上は、舌などに点状や線状などの白色のコケのようなものがあらわれ、痛みなどはないのですが、お茶など熱い飲み物でヒリヒリすることもあります。
治療は、口腔内の清掃や抗真菌薬のうがい薬、内服薬などで治療します。

女性に多く発症する疾患で、おりものの量が多くなったり、ヨーグルト上のぼそぼそとしたおりものが見られるなどの症状が特徴的です。
辛いのは陰部の痒みで、酷くなると夜も眠れないほどの痒みがあります。
男性もカンジダを発症することがあり、男性の場合は、性器の違和感や痒みの症状があります。
男性の場合は症状だけではカンジダと判断するのは難しいのですが、包茎の場合にはカンジダを発症する事が多くなります。
女性と違い男性は性器が外に露出しており、露出しているために簡単に洗うことができたり、乾燥もしやすいためカンジダ菌が繁殖しにくい環境です。
症状は亀頭や陰嚢の痒みやただれ、白いカスがでたり、排尿痛や包皮の付け根あたりが赤く腫れるなどがあります。

男性の場合は症状が悪化すると尿道炎を引き起こす場合がありますが、クラミジアや淋病などの性病も似ている症状で尿道炎も引き起こすため、素人がそれを見極めるのは難しいため病院を受診して判断する事が重要です。
治療は薬で簡単に治すことが可能で、抗真菌薬という塗り薬を使います。
お風呂上りに1日1回塗り2週間程度で治ります。

関連記事
淋病は検査でわかるのか? 2019年09月24日

特に男性が罹患した際に、尿道に激痛と膿を生じるのが淋病です。女性の場合は子宮頸管炎を起こすこともありますが、感染しても無症状なこともあるので、知らずに性交渉によって男性に感染させるケースも考えられます。淋病に感染したと思い当たる場合には自然治癒は期待せず、病院で診察を受けるのが好ましいです。まず淋病...

ゾビラックスでヘルペスは改善可能 2019年08月29日

ヘルペスは性感染症のひとつであり、性行為をした時に皮膚や粘膜の接触があることでウイルスが体内に入ると感染を引き起こす病気です。ヘルペスにはいくつかの種類があり、唇に症状が出る口唇ヘルペスと性器周辺に症状が出る性器ヘルペスがあります。このふたつはヘルペスウイルスの中でも、細かく分けると違う種類のウイル...

水疱瘡とヘルペスは無関係ではない 2019年08月19日

水疱瘡とヘルペスは別の病気だと思われている方も多いのですが、どちらもヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされますので、無関係ではありません。ただし、ヘルペスウイルスには色々な種類があるため、水疱瘡とヘルペスは違う種類のヘルペスです。水疱瘡は、一度発症すると二度と再発をすることはありませんが...

性病は種類によって治療薬が異なる 2019年07月15日

性病と一括りにしても実際には原因が様々なため必要な治療薬も症状によって異なります。性病の中で有名なものであり、性交経験のある若者10人~15人に1人は感染しているともいわれる病気は性器クラミジア感染症です。主に性器から膿のような分泌物がでたり、尿道炎がおきます。日本で最も多い性病のひとつでジスロマッ...

性病は種類によっては自然治癒する事もある 2019年06月30日

性病は性交渉があれば、男女ともに誰でもなる可能性があります。性病が感染してしまうのは、膣性交、肛門性交、オーラルセックスなどによるものです。あらかじめパートナーが決まっていれば、誰にうつされたのか特定しやすく、治療も一緒に受けやすいのですが、不特定多数の相手がいる場合は、誰にうつされたのかさえもわか...